2012年03月23日

大阪トーション工業 株式会社

一口に編みもの製品と言っても、その作業工程は多岐にわたります。

大阪トーションが工業製品として手掛ける経(たて)編みは、毛布などの加工に欠かせません。それは1万本近い直線的な糸で幾つもの編み目を作り、それを繋ぎ合わせてニット(KNIT=編む)生地にする手法です。出来上がった商品はマイヤー毛布としても知られており、その手触りや風合いの良さが人気です。1枚の毛布を作るのに、1万本の細い糸を複雑に編んでいるのですから、風合いが良いのもうなずけます。

この方法で作られる生地は、保温性と放湿性に優れ、伸縮性が少なくしっかりとした素材です。
マイヤー毛布の感触は糸の太さや長さによっても変わってきますが、あまり良い印象をお持ちでない場合、それは経糸の数が少なかったり、毛足が短かったりします。理想的な肌触りを安定的に供給可能にするのが大阪トーションであり、メイド・イン・ジャパンの手間を惜しまないモノづくりです。


大阪トーション工業 株式会社
大阪府泉北郡忠岡町忠岡北1-4-24




posted by 忠岡町商工会 at 13:46| 経編、繊維